teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


会員は現在募集中でしょうか?

 投稿者:佐藤健郎  投稿日:2012年10月23日(火)21時25分20秒
返信・引用
  はじめまして。愛知県瀬戸市在住で、デジタルアートを制作しています。佐藤健郎と申します。デジタル作品の発表をはじめて約10年になります。本格的なデジタルアートの作家団体に入りたくて、検索しましたら貴団体のことを知りました。会員の皆様は、デジタル以前に洋画・版画等の経験も深く、大変勉強になります。現在会員は募集されてますでしょうか? 情報、ご教示いただけたら幸いです。

http://www.ca37.info

 
 

絵画と音楽のコラボレーション

 投稿者:澤田泰彦  投稿日:2012年 9月 7日(金)16時08分45秒
返信・引用
  絵画の中からコンテンポラリーな新しい曲が溢れる「絵画と音楽のコラボレーション」の開催のお知らせです。

作曲家/吉岡孝悦(企画・マリンバ演奏)のライブ演奏は、体感しなければどのような言葉でも言い表わせない超絶技巧演奏もあり圧巻です。当、日本デジタルアート協会(JDAA)からは澤田泰彦絵画作品と 出雲たけこ作品を出展いたします。
なお、両作家絵画作品はデジタル化によってムービーに還元されています。それはまた、作曲家がその絵画映像の動きの変容形象や彩色から直感的に感受して創出した曲(音楽)であり、現代における新しいアートの領域を切り開くものです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           2012.9.7     YASUHIKO SAWADA   ©
 期日 9月16日(日)
    9月17日(月・敬老の日)
 会場 絵本塾ホール  JR 四谷駅下車して「迎賓館」と「学習院初等科」に向かって「若葉教会」を過ごして「オテル・ドゥ・ミクニ」を通り「パークハウス四谷」前、です。
    TEL 03-6380-6505

 作品展示会 .................(澤田泰彦/出雲たけこデジタル版画作品 ほか6作家作品)   11:00 ~ 5:00 (入場 無料)

 コラボレーション.........(澤田泰彦/出雲たけこムービー作品 ほか6作家の静止画作品 )16:00 ~18:00 (当日券 3500円)
 交流会 ...................................................................................................................................................18:00 ~19:00 (会費無料/ドリンク・菓子付き)
 

小花春夫デジタル版画展(ギャラリー企画展)

 投稿者:小花春夫  投稿日:2012年 5月12日(土)22時33分53秒
返信・引用
  ・皆様に想像を膨らませていただけるようなシュールな異空間を作ろうと考え、それぞれの作品にアイデアを凝らしています。旬なデジタル・アートのおもしろさを感じていただければうれしい限りです。3D-CG技法から生み出した近作から、国際版画展、Asia Digital Art Awardなどの国際公募展での入選・入賞作品を含めて約20点を展示します。
・なお、今回の個展は、オーナー天野喬夫様のご厚意によるステージワン・ギャラリー企画展です。
・詳細案内: http://hobana.cocolog-nifty.com/gallery/2012/05/post-3bd1-1.html


■会期:2012年6月11(月)~16日(土) 12:00~19:00 (最終日は16:00まで)
■会場:ステージワン(Stage-1)・ギャラリー
 住所:〒104-0061 東京都中央区銀座1-28-15 (東京メトロ有楽町線新富町駅から徒歩2分)
 TEL:03-3562-5181  FAX:03-3562-3798



■作家 小花春夫のプロフィール/画歴:
・3D-CG(立体のコンピュータ ・ グラフィックス)の世界の中で、立体的なオブジェを作り 組み合わせることにより、「絵筆で描く」こととは全く違った新しいプロセスで、作品を制作しています。

・「 日常どこにでもありそうな情景の中に、思いがけず表出する違和感の面白さ 」を追及して、シュールで挑戦的な作品制作を目指しています。 今までに誰も想像しなかった新しい感覚の世界を表現できれば、こんなうれしいことはありません。
(詳細は、http://hobana.cocolog-nifty.com/about.html に記載。)

http://hobana.cocolog-nifty.com

 

絵を描いております。

 投稿者:佐藤 雄一メール  投稿日:2012年 3月 5日(月)10時16分47秒
返信・引用
  多くの方々に見ていただきたくお邪魔いたしました。是非、ご覧ください

http://twitpic.com/8rrljm
http://twitpic.com/8opvnu
http://twitpic.com/5ue5zq

佐藤 雄一 robipopotown@gmail.com

https://twitter.com/#!/tenjinno_sato

 

小花春夫「デジタル版画」展(小品展)のお誘い

 投稿者:小花春夫メール  投稿日:2012年 2月27日(月)22時24分31秒
返信・引用
  ■小花春夫のデジタル版画展-「シュールな情景 新作集」- をご案内します。皆様のご来場をお待ちしています。
・ストーリーを感じるようなシュールな情景を表現したいと考えています。旬なデジタル・アートのおもしろさを感じていただければ幸いです。小品の新作12作品を展示します。

■会期:2012年3/1(木)~30日(金) 11:00~18:00 (日祭日は休み)
■会場:カフェ「カフェ・ド・モミュ」 営業時間:11:00~19:00
 住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-4
 電話:FAX:03-3409-0040  URL:http://momyu.web.fc2.com/

■作家 小花春夫のプロフィール/画歴:
・3D-CG(立体のコンピュータ ・ グラフィックス)の世界の中で、立体的なオブジェを作り、 組み合わせることにより、「絵筆で描く」こととは全く違った新しい技法で、作品を制作しています。
・「 日常どこにでもありそうな情景の中に、思いがけず表出する違和感の面白さ 」を追及して、シュールで挑戦的な作品制作を目指しています。 今までに誰も想像しなかった新しい感覚の世界を表現できれば、こんなうれしいことはありません。
(詳細は、http://hobana.cocolog-nifty.com/about.html に記載。)

■作家 小花春夫の連絡先:
 email:h_obana@st.rim.or.jp
 URL:http://hobana.cocolog-nifty.com/  『旬なデジタル版画に集合!』
 住所:東京都大田区仲六郷4-3-16-613  電話:03-3731-3182  携帯:090-4456-8976



http://hobana.cocolog-nifty.com

 

神田和也シルクスクリーン新作展のお知らせ

 投稿者:神田和也メール  投稿日:2011年11月 6日(日)21時38分8秒
返信・引用
  この度、デジタルアート協会会員、神田和也が銀座OギャラリーUP・Sにて下記展覧会を開催する運びとなりました。
是非、ご高覧頂きたく、ご案内申し上げます。

展覧会名: 神田和也シルクスクリーン新作展 ―残像写真―
会  期: 2011年12月19日(月)~12月25日(日)会期中無休
会  場: OギャラリーUP・S
住  所: 〒104-0061 東京都中央区銀座1-4-9第一田村ビル3F
           Tel/Fax 03(3567)7772
      E-mail: ogallery@big.or.jp
           URL: http://www4.big.or.jp/~ogallery/
時  間: 12:00~20:00/日曜日11:00~15:00

「残像写真 ざんぞうしゃしん」
 実体のない幻影や虚像などのあいまいなイメージ。例えばあやふやな記憶、あるいは強い思いや未練などが時を経て、ぼやけたりノイズがかったりして残像のように心に焼き付く。いわば人の思念のようなものを現像し、痕跡を写し取ったもの。

“残像写真”というテーマで制作したシルクスクリーン版画 (シートサイズ 65×50㎝)
13点を展示、構成します。

<制作方法について>
 人物の写真を製版し、転写することで元の画像は粗くなりディテールは省略される。エッセンスを抽出するように、写真からイメージを残像としてすくい取る。
 シルクスクリーンという技法は写真と絵画の中間のような表現が可能です。特に写真製版と呼ばれる「感光法」は写真映像も手描きのドローイングもすべてを等価で均一に、光と陰として認識し、インクの粒子に置き換えてくれます。そこには人間の主観を超えた無意識の視覚の世界が広がり、イメージの本質が立ち現われる気がします。

この度の個展ではデジタルプリント作品ではなくシルクスクリーン版画を発表します。近年の制作テーマである"残像写真"を表現した作品を見て頂く機会にしたいと思っています。尚、同月に発売される『版画芸術」154号で40歳以下の版画家を紹介する巻頭特集「現代版画ジャパン U-40」にタイアップ掲載されますので機会があればぜひそちらもご覧ください。

http://web.mac.com/hungry_kan

 

第2回東京ピクセル(TOKYO PIXELS)展2011のお知らせ

 投稿者:神田和也メール  投稿日:2011年10月 8日(土)00時48分0秒
返信・引用
  ・アーティスト集団TOKYO PIXELSが開催する第2回目の『TOKYO PIXELS』展です。
・ピクセル達が響き合い、点から線へ・・・・25人の新たな挑戦、展開をメッセージにしてお届けします。
・意欲的で質の高い作品群をご覧いただけると確信しています。 皆様には。ぜひご来場いただきたく、お待ちしています。
・経緯
昨年、東京を中心に意欲的な創作活動を続ける版画作家やデジタルアーティスト達が国内外での新たな発表の場を求めて、アーティスト集団『TOKYO PIXELS』を結成しました。
初めての『TOKYO PIXELS』展では、会期中に、約400人の方が会場を訪れ、会場の記録を更新しました。今回は、第2回目のグループ展です。
・ねらい
『新たなる挑戦、試み』そして『ピクセル達の響き合い』をコンセプトに、私達の意欲的新作を発表します。
・今回のテーマ
・ピクセルとは、小さな粒子の意味です。ピクセルが集まり、響き合えばいろいろな
新しい挑戦ができると考えています。
・25人のピクセル達の個性あふれる作品とともに、小品もお楽しみください。
■参加アーティスト
赤星啓介  エンリコ・ウンテルオルツネル  大前美登利  大山恵美子  大手仁  奥野正人
小花春夫  梶原洋子  亀川尚子  川瀬雅子 神田和也 國井英和 こばやし良人  杉山高史
塩崎淳子  佐々順子  續山茂樹  豊田素子  畑涼一  藤田泉 政森暁美  三好まあや
箕輪香名子  山田敬士  森公子 (以上25名)
会場名称:アートギャラリー・コルソー  電話:03-3556-3636
住所: 〒101-0051東京都千代田区神田神保町3-1
2011年10月24日(月)~29日(土)
開場時間:10:00~19:00(初日13:00~、最終日17:00まで)

■代表者の連絡先:
 〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町555 マルミヤビル303  國井英和
Tel: 03-3204-1008                       E-mail: varie@blue.ocn.ne.jp
■広報責任者の連絡先:〒157-0077 東京都世田谷区鎌田3-22-1-103 神田和也
Tel: 03-5716-6220                       E-mail:hungry_kan@mac.com

http://www.uyo.co.jp/lithApCorso/

 

小花春夫「デジタル版画」展のご紹介

 投稿者:小花 春夫メール  投稿日:2011年10月 5日(水)00時09分12秒
返信・引用
   本展はデジタルアート協会の創立会員小花春夫がデジタル・アート制作を開始して約10年の節目に当
たって開催する、初めての本格的な個展です。中川特殊製鋼(株)のご厚意により、大型作品を広いアート
ホール会場に展示します。皆様には、ぜひご来場いただき、デジタル・アートの面白さや作品の迫力を感じ
ていただきたいと思っています。
 会場には、10作品を展示する予定です(内訳:H400cm X W200cm 4作品、H300cm X W300cm 4作品、
H220 cm X W160 cm 2作品)。また、会場の47インチモニターで、過去作品を常時ご紹介したいと考えていま
す。

□展覧会の名称: 今、そして、未来を見つめる 小花春夫「デジタル版画」展(個展)
Emerging Digital Art Works of Haruo OBANA   Now and Then
□展覧会の会期:2011年11月07日(月)~25日(金) 休館日:土、日、祝日
□開場時間:8:30~20:00(最終日17:00まで)
□場所:天王洲セントラルタワー1Fアートホール 東京都品川区東品川2-2-24 Tel: 03-5462-8811
(代表)
□作家在画廊日 会期中の毎週月曜日。会期中はいつでも、前日までにご来場時間をお知らせいただければ
会場をご案内します。お気軽に声を掛けてください。
*オープニング・パーティーは、11/7(Mon.)18:30より、トークタイムは、 11/16(Wed.), 11/22(Tue.)
18:00より、会場隣のカフェにて開催します。皆様のご参加をお待ちしています。
□詳細情報を下記に掲載しています。ご参照ください。
http://hobana.cocolog-nifty.com/gallery/2011/10/post-4639.html

http://hobana.cocolog-nifty.com

 

香港での受賞者展/3812

 投稿者:澤田泰彦メール  投稿日:2011年 9月21日(水)00時32分3秒
返信・引用
  第6回TAGBOAT AWADOで受賞した「受賞作品展」を2011年の9月16日から1ヵ月間、香港のAlex Fung(3812コンテンポラリー・アート・プロジェクト)で開催されはじめました。、私(澤田)は審査委員特別賞(CALVIN HUI賞)の作品(VISION-Di-Xc デジタル版画)の他アクリル画(100号)を含めトータル8点出展しています。16日のレセプションでは
大いなる感触を得ることができ感動しています。正直云って自分の作品が中国大陸に渡ったこと自体驚きです。後は、すばらしい方のもとに大切にしていただけるよう願うばかりです。
2011.9.21
日本デジタルアート協会代表   澤田泰彦
 

デジタル・デイ展2011(第6回)へのお誘い

 投稿者:小花 春夫メール  投稿日:2011年 7月24日(日)11時28分58秒
返信・引用
  -------------------------------------------------------------------------------

第6回デジタル・デイ(Digital Day)展2011のご案内
・「デジタル・デイ展2011」を8月19日(火)から6日間の日程で開催致します。
・コンピュータを使った造形表現に、今までにはない新しい芸術の可能性を感じている
アーティストが10人集い、新作を発表します。デジタル技法を駆使した個性あふれる
作品群を通じて、デジタル・アートのおもしろさを感じていただきたいと考えています。
皆様のご来場をお待ちしています。
■デジタル・デイ(Digital Day)展のホームページ:
URL:http://digitaldayten.com/index.html
■参加アーティスト:相場 秀夫、 相場 由紀子、碓井 義忠、大井 浄、小花 春夫、
神田 和也、國井 英和、小檜山 長代、関 光行、山田 敬士  (以上10名)
■会期: 2011年8月9日(火)~14日(日) 開場時間:11:00~19:00
■会場: 三軒茶屋キャロットタワー4階 生活工房ギャラリー
電話:03-5432-1543 住所:東京都世田谷区太子堂4-1-1
URL: http://www.setagaya-ac.or.jp/ldc/

■広報責任者の連絡先:
 〒144-0055東京都大田区仲六郷4-3-16-613 小花 春夫 Tel: 03-3731-3182
URL:http://hobana.cocolog-nifty.com/                                                            E-mail: h_obana@st.rim.or.jp
-------------------------------------------------------------------------------
 

レンタル掲示板
/4